命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田中優さんの講演会「エネルギーの未来を考える」

田中優さんによる講演会。たくさんの方々が雨の中集まって下さって、玉屋文化ホールがいっぱいになりました。
田中優さん
参加者
原発依存の異常な状況となっていった理由がよくわかり、市民が声を出していくことで、この現状を変えていくことができる、という気持ちにさせられました。
特に茨城県から14日には仕事も辞めて家族で佐世保に避難してきたというご家族の切実なメッセージもありました。15日には風向きにより茨城県まで多くの方々が被爆を余儀なくさせられ、スピーディーによる風向きの発表が遅すぎたことが悔やまれます。パニックをさけるためとはいえ、あまりにも情報統制されてしまう現状の課題も感じさせられました。

よりよい未来のために、送電線の自由化をして原発に頼らない社会へ向けた第一歩として、ひとりひとりが動き出さなくてはいけないという気持ちになりました。参加者の皆さんの多くが送電線の自由化と玄海原子力発電所の停止要請の署名運動へサインをなさってかえっておられました。
署名
優先生は、この2日前は福島県、前日は波佐見町、この後は鹿児島へ行かれ、まだ1週間は講演活動を各地で続けてご自宅へ戻られるとのこと…本当に頭が下がります。
優さんと共に
バタバタをお見送りしましたが、道中食べていただくために大好きとおっしゃったので「佐世保バーガー」を買いました!?いまでは佐世保を代表するものかな!?

ところで、前日の波佐見町での講演会で本は完売してしまい、佐世保では本販売ができませんでした。
『原発に頼らない社会へ~こうすれば原発も温暖化も解決できる~』田中優著 ランダムジャパン出版
を見ましたが、講演会の内容がそのまま整理されているような本で良かったです。
今日も本を買いたいという方が数人来られたので、大地といのちの会でも取り寄せて販売しようか?ということになりました。
急がれる方は、アマゾンなどでのネット販売もあります。
アマゾンから田中優さんの本購入はこちら

田中優先生のブログ『田中優の‘持続する志’』

田中優先生の公式ツイッター
  1. 2011/06/18(土) 01:50:04|
  2. 原子力発電について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緑のカーテン:ツル植物いろいろ | ホーム | 6月15日:久留米 道の駅『ほとめき庵』での学習会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/138-99f38fff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2383位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
83位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。