命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハウステンボスの医療観光に期待!

今朝のニュースでハウステンボスが医療観光を今年11月にスタート予定とのことが流れていました
待ちに待った取り組みで嬉しくなりました。ハウステンボスにとってふさわしい取り組みではないかと思います。
ハウステンボス医療観光
池田武邦先生は、第2次世界大戦の沖縄特攻で撃沈され全身やけどで救出され、大村海軍病院で大村湾の海を眺めながら治療をして命を取り留めました。
その時の海の美しさが忘れられないとの思いが、ハウステンボスの設計と環境への取り組みの根底にあると思います。ハウステンボスは命を守り、命を育てる場所でありたいとの建築家池田武邦先生の思いは、観光客の方々に知っていただく機会は少ないと思いますが、今回の『医療観光』への取り組みは初志に通じるものを感じます。

近年の日本では、2人に1人が生活習慣病、さらにその延長線上でガンに出会う時代となっています。
国民の半数が出会うというガンの治療やそれを予防する取り組みは大きな関心がよせられている部分です。
佐世保からも、わざわざ関東の気候風土の良い場所へ行き、高いお金を払って温熱療法や食事療法などのために数週間滞在されている話もよく耳にします。

自然豊かで温泉もあり、良い食材もある長崎は、そうした要素を十分に持ち合わせていると思います。
特にガン治療後の養生生活をなさっている方々や、生活習慣病や小さなガンなどを、生活習慣改善によって治そうとされている方々へのニーズは今後高まってくることが予想されます。

広大なハウステンボスの面積があれば、この長期滞在の医療観光に来られる方々と共に、家庭菜園ならぬホテル菜園?観光菜園もスタートして治療のためにも土に触れる場所も作っていくといいだろうなあ…と思っています。
佐世保市民の中には、ハウステンボスでのボランティアを希望している人たちもたくさんいるはずですから、健康菜園をスタートするにあたって募集してみたらいいと思います。
週末には自然豊かなハウステンボスをウォーキングして健康菜園に行き、畑の手入れをして帰っていくことをボランティアでやってくれる人を募集したらたくさん殺到するかもしれません。
ハウステンボスにとっては、年会費を払ってもらい、行き帰りに食事や買い物をしてもらえたり、平日の賑わいにもつながり、生きた街へ近づくことになりますから、畑の提供は抽選で無料でも草刈りをしなくて済むようになるだけでも意味があるんじゃないかな?と思ったりします。

ハウステンボスの設計者池田武邦先生からも、フォレストビィラ(森と湖畔のホテル)の周辺に滞在者のための畑をつくることが当初のご自身の構想の中にあったと聞きました。
畑づくりが始まるならば、私個人もぜひ応援に行きたいと思っているし、『大地といのちの会』でも協力したいという人たちがたくさんいます。
ハウステンボスが、佐世保市民の庭園となり、家庭菜園となり、みんなで守り育めるようになるといいな…と思います。観光客の皆さんが、そんな本物の命あふれる生きた街並みを感じ、心身共に健康を取り戻して帰っていっていただけるならば、ハウステンボスの存在が一層、意義深いものになると思います。

花火やアトラクションで喜ばせながらハウステンボスに人を呼び込むことは、今の経済社会の中での仮の姿で、そうしなければ、ハウステンボスを守っていくことができない現状なのでHISの観光業界としての上手な取り組みに感謝しています。

今回の『医療観光』への提案は、ハウステンボスにとっての本筋に近付く取り組みだと思うので大きな期待を膨らませています。
一度、完全に荒廃した生態系を人間の力で、ここまで再生させたハウステンボスの力はスゴイと思います。
さらに、今度は、現代人の衰退した健康状態を自然に沿った方法で、再び取り戻し、健康の再生を目指す取り組みが始まるようです。
人類にとって『環境』と『健康』は今後の大きなテーマ。
「本物」を目指せば、必ず息長く続いていくはずです。

佐世保に呼びたくても講演料が高くてなかなか呼べなかった著名な講師の方々もドンドン呼んでもらえるかもしれませんね~!?健康の情報発信の場所になって欲しいです!!
佐世保は観光&環境&健康の街になれそう!?
ハウステンボスの皆さん、心から応援します!(嬉しくて長くなりました
  1. 2011/08/22(月) 08:53:24|
  2. 池田武邦先生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<児玉龍彦氏の参考人説明を聞いて・原発に思う… | ホーム | 福岡市の内浜公民館にて食育講演(人尊協の研修会)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/202-baa0b17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1534位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
45位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。