命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

池田武邦先生と『もんじゅ』について語る

今日はお届け物があったので、池田先生宅を訪問。午前中にフラリと行ったにも関わらず、先生がいらっしゃってお話して下さったのでついつい1時間近くもお邪魔してしまいました。
池田先生と話すと心がクリアになる気がします。
池田武邦先生
雑談の中で、私がここ数日思っていることを聞いて下さいました。
「福井県にある核燃料再処理施設の高速増殖炉『もんじゅ』を動かそうという動きが活発なようです。
これだけの原発事故が起こり、
水の中の核燃料にもアタフタしている現状なのに、
ナトリウム金属の液体の中の核燃料は一度事故でも起きれば、手がつけられないものなのに、この状況でなぜ動かそうと思えるのか不思議に思うほどです。
テレビなどでは、原発やもんじゅを推進する原子力研究の教授がコメントはするのに、反対する意見の人がほとんど姿を見せないのも不思議です。世の中のかなりの人たちが反対の声を出しているはずなのに…。
原子力研究の教授のコメントを聞いて違和感を感じたのですが、70歳も過ぎれば、利害関係を超えて子供や未来社会のために本当に良いことを求めるものだと思うのですが、原子力の研究を続けてきた方にとっては、このエネルギーが人類のためだと信じて疑わない気持ちになっているようで…価値観が全く違うことを感じます。

日本のテレビや新聞は、国の方針を伝えることを何より優先させる立場にあるようです。
国民もまた、国の言うことがまず正しいと思う真面目さがあるようです。
メルトダウンの時も、多くの学者がメルトダウンを指摘し、メディアもメルトダウンを知っていたのに、政府が格納容器は大丈夫といえば、そのように伝え、後で隠していたと大騒ぎをする。いざの時に真実を伝えることができないテレビや新聞って残念に思います。

もんじゅの問題は、もっと議論が必要なことだと思うのに、国民があまり知らないままことが進んで行こうとしているのが、不気味に感じます。」
と、なかなか人に話せない気持ちをお話すると、おだやかにうなずきながら、優しくきいて下さったのが嬉しかったです。

島田紳介さんの引退も残念だけど、紳介さんも沖縄で生活したほうがきっと安全だし環境も良いから、あのトークが聞けないのは本当に残念ですが、どこからでもきっと何かやる人だと思うので頑張ってほしいと思いました。
そんなニュースの裏で『もんじゅ』の影が薄くなるのも気がかりです。今からでも各局特集して欲しい!と思います。

そんな雑談を池田先生にすると、
「こんなに豊かになったのに、まだ、そんなことやって、これ以上、何がいると言うんだろう。『足るを知る』ということを忘れてしまっている。欲望のままにそんな力に頼ろうなんて思う先には、自分で自分を滅ぼしていくことになりかねない。
情報に関しても、その流れは、戦争中と同じだね。体質はあまり変わってないようだね。」
と言われました。
戦争中、海軍の前線で戦った先生の口から聞くと、ドキリと感じました。
国の暴走に最前線で苦しんだ若者の一人であった池田先生。皆、最後まで国を愛して国民を守ろうと命を投げ出した若者たち。国が判断を誤れば、多くの国民を苦しめることになる。目指すべきところを間違えないように、舵を取ってほしいものだと思いました。

池田先生と海と子ども
日本人としてのバトンを守り、次世代へつないで下さった先生の生きざまが、心にカツを入れて下さいます。
木と茅葺屋根
茅葺屋根の家が木に埋もれそうなので、日当たりが良いように枝を切りましょうか?と以前、提案しましたが、「そのまま自然のままがいいんだ。」と池田先生。
家に入ってきたアリを退治した話をすると「ムカデだけは捕まえて海に投げるけど、アリなんか見ているだけだよ。殺す気持ちになれないね。」優しい目の池田先生の周りには命が溢れているなあ…と壮絶な人生を歩んできた先生の顔は悟りに満ちている気がします。
(またフラリと行かせていただこう…と思います。次は30分以内で!)
  1. 2011/08/26(金) 00:19:50|
  2. 池田武邦先生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東彼杵郡給食部会での食育研修 | ホーム | 佐世保豆乳がNHKで紹介!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/209-57f3c79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2344位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
65位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。