命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋月辰一郎著『体質と食物』を読んで:味噌汁の大切さ

佐賀県退職女教師の会の弦巻良子先生が、先日、この本を届けて下さいました。
79歳になられる弦巻先生は食育に熱心に取り組んでおられます。たくさん勉強して実践する中で、最後に行き着いたのは秋月先生の「味噌汁が基本」というところ…とのことで、私も読ませていただきました。
秋月辰一郎 体質と食物
爆心地1.8kmの病院の廃墟で治療を続けた秋月先生と従業員の方々が原爆症が出なかったのは、病院が味噌・醤油・わかめの倉庫にもなっており、秋月先生の「味噌汁への信念」によって、毎日、味噌汁だけは欠かすことがなかったという生活習慣によるものだとうなづけました。
味噌汁の大切さ
先生の著書の中で、『患者さんに聞くとたいていの人が「味噌汁は食べたり食べなかったり」と言う、病気がちな家庭では特に軽視している場合が多い。その半面、病気が軽度ですみすぐ直る人の多くが、毎日味噌汁を食べずにおれないという習慣を持っている人が多い。
味噌汁を食べない理由に、味噌汁は嫌いだというのは極めて少ない。やはり味噌汁を軽視して、牛乳・バター・鶏卵を栄養品と考えて、味噌汁は大したものではないと思っている。』
と書かれています。

これは、高校生の血流調査をして体調改善を目指した1カ月食改善チャレンジの時、私も不思議に思ったことのひとつでした。
血流がきれいになっていた生徒に、なにを改善したのかと聞くと
「朝ごはんを、ご飯とみそ汁にした。」と答えた子が多かったのが印象的でした。
なるほど、秋月先生が20歳まで生きられないだろうと言われた病弱な自分の体で、戦時中や被爆や結核を乗り越え89歳で5年前に亡くなるまで、信念を持って、「揚げ豆腐とワカメの味噌汁」を続けられ、健康を維持させたことが何よりの説得力です。
私自身も味噌汁に対して、もっと信念をもって、我が家で欠かさないようにしよう!と再度、考えさせられました。朝飲めなかったら、夜でも、一日一杯の味噌汁を我が家で発酵させた『手前味噌』と天然ダシで続けようと思います。
あってもなくてもいいぐらいの考えでは「味噌汁」はたまのメニューになりがちですから、「信念をもつこと」が大切だと感じました。

もうひとつ、これはあまりオープンにしていないのですが、高校生の血流検査をしたときに興味深かったのが、朝ごはんを抜いてきた子の血流もサラサラと流れてキレイになっていました。
(不規則でいいかげんに考えて食事を抜くのは良くないので、触れませんでしたが、消化不良がもっとも血流を悪くする要因であることが理解できました。)
月に1回ぐらい断食したり、消化の良いものだけにする粗食で過ごす日をつくると血液がキレイになると言われる意味が分かった気がしました。
病気をしたときに、数日間の断食療法があるのも、消化不良などが続き汚れた血液を、一気にキレイにする手法なんですね!?

秋月先生は『体質』というものは、「遺伝的な部分」と「環境的な部分」と両方があると述べています。
毎日の味噌汁などで、『病気になりにくい体質』を作っていくことが重要だと教えて伝えて下さっています。

●細菌に弱い酸性体質を、ワカメの味噌汁はアルカリ体質へと保ってくれる。
●朝の空腹時が最も吸収が良く効果がある。脂肪・ミネラル・塩分をしっかり吸収することで、寄生虫予防としても効果がある。
●動物性食品を食べすぎたり、甘味品を食べすぎたりするなど、様々な要因によるミネラル不足の酸性体質である虚弱体質を変えるための、最も取り組みやすい方法が『油揚げとワカメの味噌汁』。その他にも様々な方法はあるが実行可能であるかどうかが大事。冷水浴・冷水摩擦法・運動など虚弱児にとって継続できることか、また食養生も窮屈な方法ではなく誰にでもできる手軽な方法であることが大事。『朝の味噌汁』だけを厳格にして後はこだわらないのは取り組みやすい。
●乳酸菌は不老長生のカギ。味噌の乳酸菌が腸内の腐敗を防ぎ消化を促す。高僧に高齢にもかかわらず壮健・童顔・若々しい人を見るが、味噌を根幹にした食生活がある。

著書の内容から引用させていただきました。
『五穀と味噌類こそ日本人の血であり肉である』という秋月先生のメッセージがインプットされました
今、池田武邦先生・やなせたかし先生・秋月先生など、80代90代の方々からの教えにこそ、戦前の日本の文化の真実があるような気がしてなりません。
  1. 2011/09/03(土) 11:57:33|
  2. 健康と食の情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月4日(日)九十九島動植物公園にて生ごみリサイクル土づくり講習会 | ホーム | やなせたかしさん92歳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/222-7d185a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
82位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。