命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

報道特集:カネミ油症について

今日の民放番組『報道特集』で『カネミ油症事件』について報道していました。ツイッターでもずいぶん話題になっているようです。『カネミ油症の会』の宿輪さんや下田さんをはじめ、皆さんが頑張っていることが伝わってきて画面に張り付いてみました…。
カネミ倉庫が売り出した格安の『ライスオイル』にPCBが混入しておりそれが加熱によりダイオキシンに変化して食事からダイオキシンが体内に取り込まれた食品公害。
福岡から九州各地に被害が及んで、特に、長崎県の五島列島では多くの被害者がでている事件です。
五島でのダイオキシン汚染油:カネミ油症事件
1968年というと、ちょうど自分が生まれた年。大きな被害を受けているのは同世代に生まれた赤ちゃん達。へその緒にも高濃度のダイオキシン。汚染を受けた母乳を飲んだ赤ちゃん達。その油でお母さんが作ったドーナツや天ぷらを食べた子ども達。その子ども達が親となり、孫の代にも被害が及んでいます。家庭用だけではなく、外食産業でも相当使われたはずです。実際、この時期に天ぷら屋でバイトをしていた高校生がひどい湿疹がでて、その後、ずっと体調が悪く、生まれた子どもさんに発達障害が見られたという話をご家族から聞き、相当数の被害者がいるはずだと思う事件です。ダイオキシンは体外へ出すことができず体内(特に油脂)に蓄積されます。
カネミ油症1968年
カネミ油症事件は、食品公害の代表的なものだと思います。被害状況を立証しにくく、売ってしまって食べてしまえば証拠がつかみにくく、責任を問いにくいものです。
しかし、近年の日本人の先天異常と呼ばれる子ども達の出生率がこの30年で倍を超えた現実。すべての日本人女性の母乳からダイオキシンが検出される現実。母乳のダイオキシン濃度が高いほど子どもの能力低下が表れているとする九州大学の研究結果。それらを見ても、現代社会が放出し続けている人工的な物質(化学物質・放射能)が未来へ影を落としていると思えてなりません…避けれるもの減らせるものは減らしていきたいものです。
44年間放置されている問題ということですが、ここがスタート地点でずっと続いている問題のような気がしています。食公害は立証が難しく、訴えを起こす被害者が少ないため、救済策が進まないうえ、消費者運動が少ない日本では経済優先の食環境が相変わらず続いているような気がしてなりません。
先天異常の増加
宿輪さんや下田さんはとても前向きで被害者救済へ向けて献身的に取り組まれている方々でした。3年前にお会いした時、あまりの内容の重さに驚きましたが、とてもポジティブな明るい性格に魅力を感じました。
その後、2回ほど、食育講演でお会いしましたが、なかなか力になれないままです。
被害者への救済
加害者の『カネミ倉庫』とその商品を食べた消費者との民事訴訟としての扱いであるようで、結局なんら救済策はないまま44年間が過ぎているのが現状。世界的もダイオキシンの研究としては貴重なデータが手に入ることにもなるのですから、医療機関は被害者の方々の被害の実態を調べ、子・孫までどのような影響が及び神経・皮膚・遺伝子などへの影響を研究して欲しいと思いました。
そうした研究への取り組みをしながら、せめて、今の難病と言われる病気と同等の扱いをして、医療機関を無料にするぐらいの措置は早くとってあげてほしいと思いました。
震災もTPPも大切なのは分かりますが、多くの人の人生の時間は同時並行。政治も同時並行で進めて欲しいものです。
  1. 2012/01/07(土) 23:14:53|
  2. 健康と食の情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<久志先生とニホンミツバチ巣箱を見学 | ホーム | 第6回食育祭へ向けて準備中>>

コメント

米ぬか油による食中毒の新しい治療法

カネミ倉庫製米ぬか油による食中毒の新しい治療法があります。
興味のある方は、「自然食品の店アクアマーレ」をご覧ください。
  1. 2012/01/08(日) 11:17:07 |
  2. URL |
  3. アクアマーレ #qjWxC2MM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/318-9fa94d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
60位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。