命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月2日:小値賀町役場企画で『生ごみリサイクル学習会』

長崎県環境部のアドバイザー派遣の依頼で、小値賀町で生ごみリサイクル講習を実施してきました。
台風の合間をぬっての移動で行きも帰りも高速艇が激揺れ…で胃がグルグル回転する感じでした。

夜7時開始で9時近くまで。小値賀では、夫がこの春まで勤務していたご縁もあり、知っている方々がたくさん来てくださっていて、本当に恐縮する思いでした。
小値賀での講習
小値賀町は県内でも一人当たりのゴミの排出量がワーストクラスと言われていて、焼却場や埋立地の問題もあり、生ごみを家庭で処理してもらいたいという切実な願いもあるようです。
一定のごみ処理料金で各家庭から出す量を問われないため、減らしたいという動機がまだ少ないようでもあります。
佐世保市もごみ有料化となった時に、この生ごみリサイクルも大きく広がることになりましたから…。
本当にゴミを減らしたいならば、ごみを減らすほど各家庭にとっても『お得』!という仕組みづくりも必要かもしれません。


ところで、今回の講習会をして、これまで家庭菜園を楽しんでこられたみなさんはもちろんなのですが、若いご夫婦が多く関心を寄せてくださったのが、とてもうれしいことでした。
有機農業にあこがれてアイターンして都会から小値賀へ移り住んでこられている方々が増えつつあるそうです。
わざわざ小値賀へ住みうつる方というのは、小値賀の自然や昔ながらの生活や人情など、都会にないものに価値を感じてこられていることに間違いないと思います。

しかし、豊かな自然が残る代わりに、その肥えた土や豊かな海を守ることにまだまだ無防備ともいえる住民の方々と自然を崇拝する思いで来ている新しい人たちとのギャップもあるように感じました。
農薬も化学肥料も当たり前に使うので、島には農薬に敏感な蜜蜂がいなくなり、スズメバチやアシナガバチばかりになっている背景も感じられました。
隣の宇久島ではニホンミツバチの再生が実現して、有機農業の島づくりに奔走している人たちがうまれつつあります。
宇久や小値賀が有機農業の生産地となれば、佐世保がその消費地として、命も経済もグルグル回せる環境になるんではないか…と勝手な夢が広がります…。
小値賀のピーナツもトマトもメロンもピーマンも慣行農法にもかかわらず、とても美味しく、微生物の息づく土の存在を感じます。
各家庭ではあたりまえに、有機野菜をつくり、無農薬で食べておられます。
これから、家庭のみならず、農家にも有機農業が広がれば、ニホンミツバチ復活の日もあると思います。
小値賀島には、全国に出荷されている黒毛和牛の種牛達がたくさんいるので牛糞もあり、草も存分に生えていますから、有機肥料に困ることはなさそうです。
小値賀の豊かな自然が守られながら、経済もうまく回るように、農産物で島の外からお金を呼び込んで、入ってきたお金は島の中でグルグル回せるように自給率も上げていければ…いいですね~。
ベジライフに小値賀コーナーをもっと増やしたい…と願うのですが、今のところ、ワカメと昆布とスボ蒲鉾です。味はいいのに野菜類がまだ置けないのです。トマトとかメロンとか絶品だと思うのですが…無農薬・無化学肥料という壁が高いので。無農薬を実現している農家さんを優先している手前…他にない場合はお願いするのですが。
(ちなみに大地といのちの会の店舗ベジライフの目的は、より安全な食づくりに取り組む生産者さんの応援が目的なので、土づくりは絶対条件ですが、絶対に無農薬!とはしていません。種なども。最大限の努力をした!とその道のプロの方がおっしゃるものを採用させていただいています。例えば、果物などは土づくりをしても完全無農薬は困難なので、無農薬でない場合は、何の目的で何をいつ撒いたということを出していただき、消費者の方にもお知らせすることにしています。安全を追及して努力いるものとそうでないものとの差別化が目標であり、ゴールが無農薬無化学肥料なので。自慢の生産物を各地からお待ちしておりま~す!まだまだ野菜不足なのでちょっとPR

今後の可能性を大きく感じた小値賀講習会でした。
  1. 2012/10/07(日) 10:21:32|
  2. 講演報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐世保市立祇園小学校3年生 | ホーム | 9月27日:食育アイランド九州・長崎交流会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/494-a1d5bc50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
82位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。