命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖和女子学院高校2年生のインターンシップ受入終了:バラ会・塩こうじ

高校2年生の2人が3日間、元気野菜園とベジライフとたまおく交流室で活動してくれました。
最終日の今日は、佐世保玉屋で、社員食堂で昼食をとったり、ローズギャラリーで聖和のOBの皆さんが多く参加されているバラ会の展示会も見ました。
同窓会の宮城さんから、「バラって花が咲く前に草をとったり、地道な作業がたくさんあるの。誰も見ないめだたないところでしっかり努力しなければきれいな花は咲かないの。子育てもみんな一緒。見えないところで頑張れば、必ずきれいな花が咲くから、頑張ってね!」との温かい言葉をいただきました。
バラ会
ベジライフでは塩こうじ造りの体験をしてもらいました。
川添酢造さんの5ぶづき玄米を平戸の塩炊き屋さんの塩でよくもみこみました。
何度も塩こうじを造っているスタッフが、「不思議だけど、よくもむほどにおいしい塩こうじになった。忙しい時にチャチャチャっとつくっても同じ材料なのに、うまみがいまいち。」と教えてくれました。
不思議ですね~。こうじ菌は生き物ですから、空気が入ったり刺激があるほど活性化するようです。何年も寝かしたワインを大きなワイングラスに入れて、空気を入れながらグルグル回すと、香りが立つのも菌の活性化の働きらしいですね。
米麹に塩をもみこんでいくと、コウジの香りが立ってきます。
また、学校で大勢にさせる時はビニール袋に入れて外からモミモミするだけにするのですが、素手でもみこむことでその家の味ができていくとも言われるので、2人だけだし水場があるので、素手でよくもみこみました。皮膚常在菌が微妙な働きをするかもしれませんね~。
(酵素ジューズを作っているみなさんが自家用には素手で混ぜることをすすめたりします。)
塩こうじ
こうじと同量の水を入れて、トロリとするまでさらにもみこみました。
これであと10日ほど常温発酵させて食べていきます。視察に来た担任の先生も作っていかれました。
塩こうじ完成
ベジライフには雲仙のミネラルウォーターも無料で使っていただけるので、どなたでも作っていかれてかまいませんよ~。
  1. 2012/10/13(土) 09:17:01|
  2. 学校での取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月のガーデニング作業 | ホーム | 久留米市保育士会にて給食部会の食育研修>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/503-01a5e940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
57位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。