命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グローバル化の中で衣食住を取り巻く現状を考える

先日、理科の授業の最初に『命の食べ方』という2時間映画を32倍速で4分間ぐらいで高校生に見せました。
その予告編にあった、衣料の生産現場の様子も興味深く、雑談の話題にしました。
世界の衣料の8割を生産しているという中国ですが、近年は労働運動も始まり、バングラデッシュや周辺のアジア諸国の安い労働賃金を求めて工場が移って行っているようでもあります。
中国
自給7円にもならないような中国の労働、日本人の自給が700円。日本人の仕事がなくなるのは無理ないな…と思いますね…。しかし、同じ人間でありながら、法整備がないからといって、このような仕事をさせて、安い衣料品を買う自分たちはどうなのか…とやはり考えさせられます。
中国の労働状況
近頃、自分の服は楽しく自分で作ってみたりするのですが、趣味の遊びと思えば3時間ぐらいかけて作った服も楽しいばかりで、生地代1600円で安い!と思うけれど、人件費700円×3時間=2100円とすると、うわあ、買ったほうが安いし立派!?ということになります。
息子たちのズボンはユニクロで1000円。手作りよりよほど手が込んでいて立派なもの。自給7円がなせる技です…。
手作り服
映画『命の食べ方』は早送りでサラッと見せるぐらいが子供たちには丁度いいぐらいで、映画館で2時間じっくり見た私は吐き気をもよおしてしまうぐらい衝撃的でした。
命の食べ方
食べる時に手を合わさずしては許されない…と思う気持ちになりましたし、できれば、もう少し幸せな命に心から感謝をして食べたいという気持ちになりました。
高校生以上ぐらいの年齢なら、70億人を支える世界の食の現状を少し教えることもいいと思いました。
(小さい子どもには、まずは、もっと自然に対する感謝や愛情を伝えてから…と思います。)

  1. 2012/11/08(木) 10:01:22|
  2. 家づくり・手作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浅子保育所での味噌作り | ホーム | 日本人に多い『低血糖症』の問題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/533-71ac33e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2078位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
67位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。