命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12日:九州農政局にて『九州地域の教育ファーム推進協議会』

12日は午前の授業が終わってから、2時間半熊本に走り、今年度最初の会議に参加してきました。
fa-mu1
九州各県で積極的に教育ファームに取り組んでおられる皆さんとの情報交換となり大変勉強になります。
fa-mu2
日本全体で教育ファームをいかに推進していくか…という動きの中での協議会のようです。
fa-mu3
限られた時間ですが、3回発言させていただきました。
①中学や高校での教育ファームの実施はまだまだ少ない。各学校にスクールヤード・スクールガーデンができるようになって欲しい。各市町村に年間2回の農業者派遣や種の提供などの仕組みがあれば、やってみたいと思っている家庭科の先生なども増えつつある。佐賀県のように教職員の初任者研修で教育ファームについて学び、さらに農業者派遣制度で人材と資金の確保があれば、実施しやすくなり、情操教育としてもニーズはあると思う。
②グリーンツーリズムの2泊3日の農村体験は観光だと理解していたが、これも『同一作物2日以上の農作業』という条件を満たしていることから教育ファームになるのか?命(作物)を育てることを単発ではなく関わっていくことを含むと考えていたが?→回答:現状ではあまり線引きをせず柔軟に考えている。
③農業への企業などからの資金援助などは少ない状況。ギブアンドテイクを求める企業や経済優先の自由競争の社会構造のなかでは、もうからないと思われる分野にお金は回されてこなかった。農業を支援しても誰ももうからないから置き去りになってきた分野のうように思う。こうした農業や教育ファームこそ、行政の資金援助や保護が必要だと思われる。
というような3点について質問と意見をさせていただきました。

  1. 2011/05/13(金) 23:10:54|
  2. 大地といのちの会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月:豆の季節 | ホーム | ハウステンボス:いよいよ来週からバラが満開!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://knakao.blog39.fc2.com/tb.php/88-0cf58037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1983位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
57位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。