命ぐるぐる元気生活

『生ごみリサイクル元気野菜づくり』と『食改善元気からだづくり』をライフワークにガーデニングと子育てしながら、食と健康に関して思うことを報告しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木風小学校5年生の収穫祭

2月4日(月)、10月に一緒に味噌作りをさせていただいた木風小学校の収穫祭におよばれしてきました毎年、味噌作りを継続してくださっている木風小。今年は日宇小から転勤された西本先生が担当でした
木風小収穫祭
子どもたちが「箸が立つぐらいの具を入れた豚汁を作りました!おむすびは3個ずつです!塩加減がいいですよ!」と並べてくれました。給食を食べた後の5~6時間目でしたが、みなさんペロリと平らげていて、さすが~おそるべし食べ盛り!?
豚汁とおむすび
無農薬栽培をされてベジライフ生産者でもある長嶋さんご夫婦と共にお米を育てました。
食肉センターの河野さんは、市内はもちろん国内初、豚の枝肉を学校に持ち込んで解体ショーをなさったそうで、すべてセンターが買取り責任を負う形での実施だから実現しています。子どもたちはびっくりしたけど、焼肉が美味しくて、体験にも命にも、とっても感謝していました。
お礼
お味噌も三ヶ月しっかり発酵させて、とても美味しく出来上がっていました。先生方のご家庭用にも5kg8セット作りましたので、購入してくださった先生方に「市販のものとは全く違う、本当に美味しかった」と言っていただき嬉しかったです。
感謝
地元の子どもたちのために、食育の視点で一歩踏み出してくださった食肉センター。聖和中でもやってほしい…とお願いしました!?
感謝状
豚さん食育
稲作り食育
地元と連携したこうした食育のスタイルが定着していることが素晴らしいなあ~と感動しました。
  1. 2013/02/05(火) 10:10:50|
  2. 学校での取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐世保市立楠栖小学校で土作りスタート

1月28日(月)佐世保市立楠栖小学校での土作りがスタートしました!
彼杵小学校で取り組んだ林先生、相浦小学校で取り組んだ永田先生、相浦西小学校で取り組んだ教頭先生、が皆さんお揃いで、4年生の福田先生に取り組みをおすすめしてくださったそうです。何より嬉しいですね(^O^)

さて、90分の時間をいただいたので、まずは『菌ちゃん』の話を30分近く教室で。
「菌と言えば?」と聞くと「殺菌!除菌!」と真っ先に出てきて苦笑(>_<)とっても楽しい4年生達との時間でした。やる気まんまん?でみんな生ごみをもって登校してきてくださっていたので、それを持って、給食残渣と一緒に畑に移動。

畑の横でぼかし作りをしました。やはり、作業は楽しそう!?米袋6袋分をつくりました。
佐世保市楠栖小学校でぼかし作り
みんなが持ってきてくれた生ごみを混ぜたてのボカシと共に、畑に投入!
楠栖小学校生ごみ投入
さらに、雨よけにブルーシートをかけて作業終了しました。
楠栖小学校シート
今後は6区画すべての畑に投入して、来年度、5年生になってから、野菜やサツマイモを育てる計画だそうです初めての福田先生は「すべてにびっくり!しました。除菌・殺菌は私が度々言っていたので、子ども達と一緒に、微生物液の菌ちゃんをなめたのを見てびっくりしました。これから土作り、がんばってみます!」と率直な感想を言ってくださっていました。
皆さん、4年生の応援、よろしくお願いいたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
  1. 2013/02/01(金) 19:03:46|
  2. 学校での取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日宇小5年生が親子でしめ縄づくり

日宇小学校5年生は、田んぼで稲を育て101kgの米を収穫。
収穫後のワラを使って、親子でしめ縄づくりを実施していました。
田植えや収穫なども貴重な体験でしたが、地域の方のご指導でしめ縄づくりも体験することができ、親子で素晴らしい体験ができました。
しめ縄づくり
簡単そうにしめ縄を造っておられましたが、昔の人たちは器用に自然の物を活用して、季節を楽しんでおられ、自然を敬っていたことに改めて感心しました。
しめ縄
早速、玄関に飾ってクリスマス&お正月気分が高まってきます
  1. 2012/12/22(土) 17:18:36|
  2. 学校での取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月15日:聖和中クリスマス会にて食育学習発表

聖和中のクリスマス会で中学1年生が取り組んできた総合学習の発表がありました。
聖和クリスマス会
フェアトレードに取り組む森田さんのお話を聞いてから調べた内容など、自分たちでしっかり深めて発表していて感心しました。
フェアトレード
吉田俊道さんからも『菌ちゃん』の話をきいて、菌の大切さをしっかり参加者の皆さんに伝えていましたし、新聞作成班もよくまとめていました。
中1新聞『菌』
中学生の学習は話を聞くことも、プレゼンして人に発表することも、新聞にまとめることも全てが学習ですが、こうした題材のテーマとして食や環境問題を取り上げてもらえることがとてもありがたいですね~
  1. 2012/12/22(土) 11:36:52|
  2. 学校での取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖和女子学院高校2年生のインターンシップ受入終了:バラ会・塩こうじ

高校2年生の2人が3日間、元気野菜園とベジライフとたまおく交流室で活動してくれました。
最終日の今日は、佐世保玉屋で、社員食堂で昼食をとったり、ローズギャラリーで聖和のOBの皆さんが多く参加されているバラ会の展示会も見ました。
同窓会の宮城さんから、「バラって花が咲く前に草をとったり、地道な作業がたくさんあるの。誰も見ないめだたないところでしっかり努力しなければきれいな花は咲かないの。子育てもみんな一緒。見えないところで頑張れば、必ずきれいな花が咲くから、頑張ってね!」との温かい言葉をいただきました。
バラ会
ベジライフでは塩こうじ造りの体験をしてもらいました。
川添酢造さんの5ぶづき玄米を平戸の塩炊き屋さんの塩でよくもみこみました。
何度も塩こうじを造っているスタッフが、「不思議だけど、よくもむほどにおいしい塩こうじになった。忙しい時にチャチャチャっとつくっても同じ材料なのに、うまみがいまいち。」と教えてくれました。
不思議ですね~。こうじ菌は生き物ですから、空気が入ったり刺激があるほど活性化するようです。何年も寝かしたワインを大きなワイングラスに入れて、空気を入れながらグルグル回すと、香りが立つのも菌の活性化の働きらしいですね。
米麹に塩をもみこんでいくと、コウジの香りが立ってきます。
また、学校で大勢にさせる時はビニール袋に入れて外からモミモミするだけにするのですが、素手でもみこむことでその家の味ができていくとも言われるので、2人だけだし水場があるので、素手でよくもみこみました。皮膚常在菌が微妙な働きをするかもしれませんね~。
(酵素ジューズを作っているみなさんが自家用には素手で混ぜることをすすめたりします。)
塩こうじ
こうじと同量の水を入れて、トロリとするまでさらにもみこみました。
これであと10日ほど常温発酵させて食べていきます。視察に来た担任の先生も作っていかれました。
塩こうじ完成
ベジライフには雲仙のミネラルウォーターも無料で使っていただけるので、どなたでも作っていかれてかまいませんよ~。
  1. 2012/10/13(土) 09:17:01|
  2. 学校での取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

検索フォーム

プロフィール

中尾慶子

Author:中尾慶子
長崎県佐世保市でガーデニングを楽しみながら、生ごみリサイクルで元気に育つ庭の野菜と花に癒されています。元気な命を育てるために日々アンテナを張っています。
聖和女子学院 理科講師
大地といのちの会理事
玉屋ベジライフ店長
ツイッターで更新お知らせ


玉屋ベジライフホームページへ
メール:nakao039@tvs12.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
講演報告 (77)
健康と食の情報 (101)
野菜の様子 (44)
耕作放棄地からマイ畑 (20)
家づくり・手作り (12)
再生可能エネルギー(太陽光・スーパーキャパ) (8)
原子力発電について (23)
東日本大震災について (18)
池田武邦先生 (13)
大地といのちの会 (68)
ハーブ教室 (28)
お店の紹介 (23)
地域活動 (26)
森林づくり事業 (7)
手前味噌づくり普及 (13)
道路ボランティア (1)
家族・友人・バドミントン (27)
ベジライフ (44)
学校での取り組み (22)
おすすめ本 (1)
ニホンミツバチ (18)
手作り化粧品教室 (2)

平成23年4月から訪問者

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1998位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
66位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。